バラエティテレビ番組を見よう バラエティ動画Japan ホーム »世界遺産
カテゴリー「世界遺産」の記事一覧

 

 

   

動画ダウンロードツール

動画ゲッター miomioの動画をダウンロードできるchrome用ツールです
Video DownloadHelper miomioの動画をダウンロードできるFirefox用ツールです
Tokyoloader さまざまな動画サイトを手軽にDLできるchrome、Firefox用のツールです
Puffin Web Browser pandora.tvなどのフラッシュプラグインが必要なページを表示できるAndroid用ブラウザです
Puffin Web Browser pandora.tvなどのフラッシュプラグインが必要なページを表示できるiPhone用ブラウザです

世界遺産「大理石の絶景!氷河がつくった山と湖」 2019年12月1日  

ブルガリアの「ピリン国立公園」。標高2914m、世にも珍しい巨大な大理石の一枚岩で出来た火山。美しい氷河湖や地底に滝のある洞窟も見所。謎の「洞窟真珠」も発見!
番組詳細 ブルガリアのピリン国立公園は1983年と早くに自然遺産に登録された。公園のシンボルは標高2914m、ブルガリア第二の高峰ヴィフレン山。一年中山頂が真っ白なのは万年雪があるからではなく、白い大理石で出来た山だから。氷河に削られた、荒々しくも美しい大理石の景観。園内には100を越える氷河湖や地下150メートルまで縦に延び、滝のある地底洞窟も!


【miomio】

category: 世界遺産

tag:  
tb: --   cm: --

世界遺産「石垣8000km!大西洋の火山島 ポルトガル・ピコ島」 2019年11月24日  

溶岩で作られた、総延長8000kmにおよぶ石垣の景観がこの島の見所。大航海時代、石垣はブドウ栽培のために築かれ、名産のワインはロシア皇帝も愛したという。
番組詳細 ポルトガルの首都・リスボンの西1600kmの大西洋に浮かぶピコ島。ピコとは「山の頂」を意味し、ポルトガル最高峰・標高2351mのピコ山があり、噴火でできた島の海沿いには石垣で囲まれたブドウ畑が広がる。ブドウの木を守るため、人々が大航海時代以来、500年コツコツと積み上げてきた石垣とブドウ園の景観が世界遺産となっている。そのブドウから作られた名産のワインはロシア皇帝にも愛された逸品。

<遺産名>ピコ島のブドウ園の景観(ポルトガル) <登録年>2004年 <登録基準> (III) 文化の証拠 (V)文化的景観

【miomio】

category: 世界遺産

tag:  
tb: --   cm: --

世界遺産「奇岩の大地にナゾの地底都市!カッパドキア」 2019年11月17日  

トルコのカッパドキア。高さ20メートルのキノコ岩、バラの谷と呼ばれる赤い渓谷。そして地下70mに広がる“地底都市"。奇岩の大地誕生と地底都市のナゾに迫る。
番組詳細 トルコ中央部に位置するカッパドキアは、標高1000mほどの高原にある奇岩地帯。カッパドキアのシンボルはキノコのような形をした奇岩群。巨大なものは高さ20mほどもある。その不思議な形から「妖精の煙突」と呼ばれるようになった。また「バラの谷」と称される色鮮やかな渓谷も…さらに地下70mに広がる地底都市や、奇岩を掘りぬいて作った岩窟教会など、古くからの人の営みも見所。

<遺産名>ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩窟群(トルコ) <登録年>1988年 <登録基準> (I)人類の傑作 (III) 文化の証拠 (V)土地の使用例 (VII)自然美

【miomio】

category: 世界遺産

tag:  
tb: --   cm: --

世界遺産「氷河とフィヨルド…世界最大の島グリーンランド」 2019年11月10日  

世界最大の島グリーンランド。氷河の大地とフィヨルドの海の間で、先住民イヌイットは4000年前から狩猟生活を営む。実に235キロにおよぶ狩場の壮大な景観が見物。
番組詳細 世界最大の島グリーンランド。島の大半が北極圏に位置し、ほとんどが氷に覆われた大地。この島には4000年以上も前から先住民イヌイットが暮してきた。今回の世界遺産は、そのイヌイットの狩場。なんと氷河からフィヨルドの海まで235kmにも及ぶ文化遺産である。訪れたのは短い夏のひと時。過酷な冬とは対照的に、壮大で美しい絶景が広がっていた。

<遺産名>アーシヴィスト=ニピサット~氷河と海の間のイヌイットの狩場(デンマーク) <登録年>2017年 <登録基準> (V)文化的景観
ディレクター/田口 亮 村を訪れると、村人総出で歓迎。ジャコウウシ、トナカイ、クジラの肉など、どれも美味。夜は小学校の教室で雑魚寝ですが、意外と居心地が良かったです。
<メインテーマ曲> 「鳥のように」大橋トリオ <エンディングテーマ曲> 「つくる世界」大橋トリオ
次回は、トルコの「カッパドキア」。高さ20メートルの“キノコ岩"に、“バラの谷"と呼ばれる赤い渓谷。そして地下70メートルに広がる“地底都市"。驚くべき奇岩の大地誕生と地底都市のナゾに迫る。

【miomio】

category: 世界遺産

tag:  
tb: --   cm: --

世界遺産「高さ300m!巨岩の頂に不思議な建築群」 2019年11月3日  

ギリシア屈指の絶景「メテオラ」。高さ300メートルを超える奇岩。その頂上に建つ天空の建築群は、まるで「ラピュタ」。500年前に何故そんなものが建てられたのか?
番組詳細 ギリシャの巨岩とその頂に建つ建築、メテオラ。天と地のはざま、宙に浮かぶ場所に建つ建築。何故建てられたのか、一体誰が住んでいるのか。この険しい岩山の頂上は、世俗から離れた、神に近づける場所として人々を魅了してきた。そして人里離れたその場所で生きる為、雨水を溜めるシステムも作られた。2500年からヒトが暮らした奇岩地帯には、今もその痕跡が残されている。

<遺産名>メテオラ(ギリシャ) <登録年>1988年 <登録基準> (I)人類の傑作 (II)文化の交流 (IV)優れた建築 (V)土地の使用例 (VII) 自然美

【miomio】

category: 世界遺産

tag:  
tb: --   cm: --

世界遺産「アルゼンチン…赤と白の奇岩地帯」 2019年10月27日  

イスチグアラスト・タランパジャ自然公園群には、高さ100mの赤い塔やキノコのような岩、無数の石球など奇岩だらけ。さらに地球最古、2億年前の恐竜化石も発見された!
番組詳細 南米アルゼンチンの内陸部、アンデス山脈の東側にイスチグアラスト州立公園とタランパジャ国立公園はある。赤色と白色の大地が隣り合う不思議な景観。ここは塔のような巨岩やキノコのような奇岩、自然にできた球体の石など南米有数の奇岩地帯。しかも2億年前、最古の恐竜の全身骨格の化石まで見つかり、古生物学的にも非常に重要な場所。今回は恐竜化石の第一人者の同行で普段は入れないようなエリアまで撮影に成功!

<遺産名>イスチグアラスト/タランパジャ自然公園群(アルゼンチン) <登録年>2000年 <登録基準> (VIII) 地球進化・生命進化の記録

【miomio】

category: 世界遺産

tag:  
tb: --   cm: --

世界遺産「全長155km!イギリスの絶景海岸」 2019年9月29日  

「ドーセットと東デヴォンの海岸」は白・赤・灰色と3色の断崖と奇岩が見所。ジュラシック・コーストとも呼ばれ、1億年以上前の巨大魚竜や黄金アンモナイトも発見。
番組詳細 イギリス海峡に面した、全長155kmも続く海岸が世界遺産。世界でも珍しい景観がいっぱい。延々とつづく断崖絶壁は「白・赤・灰色」と3色に分かれている。これは異なる時代にできた地層が剥き出しになり、しかも同じ海岸に並んでいる希有な例である。他にも、イギリス最長の砂州や真ん丸の湾など、変化に富んだ地形が点在。また「ジュラシック・コースト」とも呼ばれ、太古の生物の化石も多数発見されている。

<遺産名>ドーセットと東デヴォンの海岸(イギリス) <登録年>2001年 <登録基準> (VIII) 地球進化・生命進化の記録

【miomio】

category: 世界遺産

tag:  
tb: --   cm: --

世界遺産「標高2200mへ!アルプスの氷河鉄道」 2019年9月22日  

スイスの山岳鉄道「レーティシュ鉄道」。イタリアから国境を越えサンモリッツへ!百年前に作られた鉄道がアルプスを登り、氷河の絶景を走る。4K撮影した特別編!
番組詳細 今回はアルプスを走るレーティッシュ鉄道。スイス南部を走るベルニナ線とアルブラ線は高級リゾート地サンモリッツをめざし、途中いくつもの美しい氷河の風景が現れる。標高2200メートルまで急勾配を登るため、鉄道の車輪やレールにはさまざまな工夫が…さらに山中に通された沢山のトンネルがループ状に折り重なり、列車がアルプスを登る事を可能にした。100年前に作られた山岳鉄道で行く、夏のアルプス絶景の旅。

<遺産名>レーティシュ鉄道 アルブラ線とベルニナ線(スイス) <登録年>2008年 <登録基準> (II)文化の交流 (IV)優れた技術

【miomio】

category: 世界遺産

tag:  
tb: --   cm: --

世界遺産「マヤ文明の大ピラミッドと聖なる泉」 2019年9月15日  

メキシコの古代都市チチェン・イツァ。マヤ文明の大ピラミッド近くの聖なる泉に、年に2回だけ、わずか数分現れる「光の柱」の撮影に成功。その正体、実は巨大天文装置!
番組詳細 メキシコ、ユカタン半島の密林に埋もれたマヤの古代都市チチェン・イツァ。中心に位置する大ピラミッド、ククルカンのピラミッドはマヤ人たちが星の運行を肉眼で観測してできた巨大なカレンダー。さらに2009年、新たな巨大天文装置が見つかった。聖なる泉・セノーテのひとつ、オルトゥン・セノーテには年に2回だけ、垂直に光の柱が現れ、水中にまで差し込む。種まきのサインとされる神秘の瞬間を捉えることに成功した。

<遺産名>古代都市チチェン・イツァ(メキシコ) <登録年>1988年 <登録基準>(I)人類の傑作 (II)文化の交流 (III)文明の証拠

【miomio】

category: 世界遺産

tag:  
tb: --   cm: --

世界遺産「絶景の谷で1000年!ピレネー山脈のミニ国家」 2019年9月8日  

フランスとスペインに挟まれたミニ国家アンドラ。標高2500メートルのマドリウ渓谷は天空の放牧地。1000年続く牧畜文化が育んだ、美しい景観が見物。
番組詳細 今回は夏のヨーロッパ、ピレネー山脈。フランスとスペインに挟まれた山岳地帯にアンドラというミニ国家がある。東京23区よりも小さく、人口は約8万人。そのアンドラが誇る世界遺産がマドリウ渓谷。自然も美しいが、実は文化遺産。渓谷の中に牧畜や製鉄など、1000年に渡る人の営みが残されている。ピレネーの大自然と、そこを舞台にした人間の営みが生んだ景観が見所。

<遺産名>マドリウ・ペラフィータ・クラーロル渓谷(アンドラ) <登録年>2004年 <登録基準> (V)文化的景観

【miomio】

category: 世界遺産

tag:  
tb: --   cm: --
                             
                          

楽天

カテゴリ

楽天